あがり症

あがり症克服を克服して大勢の人前でも緊張せず堂々と話したい

金井英之

結婚式のスピーチを面白おかしく堂々とこなしている友人を見て

自分もああなりたいと、うらやましく思ったことはありませんか?

 

そんなあなたの希望をかなえてくれる最高のプログラムがあります。

 

それは金井英之さんの
「65089人が成功したプロが伝授するあがり症克服法」です。

★プロが伝授するあがり症克服法はこちら★

 

金井英之さんは「話し方」を教え続けて30年以上のプロの講師です。
タレントの所ジョージさんが顧問・TOKIO城島茂さんが部長の
NHKEテレの「テストの花道」にも出演しました。

 

その金井英之さんは、人前であがる最大の原因は自分の話し方やスピーチの内容に
自信が持てない
からだといいます。

 

あがり症克服のためには、自信が持てる話し方をマスターするのが、
最短で最も簡単な解決策なのです。

 

金井英之さんは「話し方」のプロの講師として、
6年間で65089人ものあがり症を克服させて来ました。

 

プロが伝授する「話し方」のトレーニング方法で、
あなたも人前で緊張することなく話ができる幸せな人生をおくりませんか?

 

↓↓↓↓あがり症改善で結婚式スピーチができた・ここをクリック↓↓↓↓

あがり症と緊張

あがり症つまり緊張といった症状なのだが、なぜかここ一番という大切なシーンで緊張して失敗したという経験を持った人は多いと思います。緊張の仕組みはいったいどうなのでしょうか?目の前にたくさんの人がいる、口うるさい上司や思いを抱いている異性との会話・・・そんな状況にあったり、想像するだけでその情報は自律神経やホルモンバランスを制御する司令塔役の視床下部に伝達されます。ここにストレスが加わることで、すぐ下の下垂体から副腎皮質刺激ホルモンが分泌され、さらに腎臓上部の副腎からコルチゾール(ストレスホルモンの一種)が分泌されるのです。この分泌量が多くなると肝臓によってブドウ糖が増産され、エネルギー変換に必要な酸素を取り込もむために激しい呼吸となるのです。さらに、筋肉にエネルギーをおくるために心拍数も早くなります。その一方で視床下部によって刺激を受けた交感神経によって、体温上昇を抑えるために発汗作用が働き、心臓はドキドキし、呼吸はハァハァと檀蜜を見た時のように荒くなり、汗だくになるのです。そして脳内では、視床下部から海馬に情報が伝達されます。この海馬は、過去の記憶を保管していて、失敗した記憶が再生され不安な気持ちになってくるのです。この緊張によるあがり症を改善するにはどうしたらいいのでしょうか?緊張した時には、自律神経の中の交感神経が敏感になるので、副交感神経を優位にすることで気分をリラックスすることができます。しかし、心拍や体温の上昇などの緊張による症状を自力でコントロールすることはできません。これらの生理現象の中で自力でコントロール可能なのは、呼吸だけです。緊張をほぐすための深呼吸は、とても有効な方法なのです。さらに過去の失敗した思い出などを思い出さないことも重要です。ストレッチなど体を動かすことで、気分を紛らわせて悪い感情を忘れ去りましょう。さらに効果を上げるためにはイメージトレーニングがあります。サッカー観戦などで応援チームがゴールするとき思わず、足が動いてしまうのは、「やってるつもりになる脳細胞」が働くためです。これには運動中枢と言語中枢のそれぞれに働きます。プレゼンで成功したいのなら、上手なプレゼンを見ることで「やってるつもり脳細胞」を活性化させることで脳が学習します。仕事ができる人と行動をともにすれば、良い行動や習慣が身に付くのです。優秀な上司の下には優秀な部下が育つのです。

 

・脳医学、生理学に基づいた「本番に強くなる方法」・あがり症克服
@本番前の深呼吸
自律神経によって支配されている体の機能の中で、呼吸だけが自力でコントロールできる機能です。深呼吸することで、副交感神経が優位になり緊張がほぐれるのです。
A姿勢を整え身体を動かす
緊張していることに意識を支配されると、過去の失敗を思い出してさらに緊張が増加します。身体を動かして関心を反らせば、気分がほぐれます。
Bイメージトレーニングを行う
他人の行動を見ることで「やっているつもりになる脳細胞」が活性化してきます。上手なお手本を見て自分のできるつもりになると自信となります。
C朝起きたら光を浴びる
肉の一成分のトリプトファンは、光を浴びることで精神安定ホルモンのセロトニンに変化します。さらんに熟眠ホルモンのメラトニン生成にも光が必要とされています。

 

↓↓↓↓人前での緊張がなくなる・金井英之のあがり症改善はこちら↓↓↓↓